綿棒オナニーの方法

綿棒をある位置に止め置き、仰向けになり待つだけで延々快感が発生します。

綿棒オナニーとは、綿棒の微妙な力によってアナル付近の快感神経を刺激し、全身に性的エネルギーの発生を誘発させるものです

男女関係なくできます

性的エネルギーは最初ふわふわした感覚ですが、進化すると直接的な快感に進化します

またエネルギーを性感帯に留めておくと、性感帯自体の感度が増すので開発にも利用可能です
 
慣れれば意識するだけで、一瞬で強い快感が発生します

方法その1
 
エロ画像・小説等で気分を高めます(物理的刺激は無しで)←大事
 
綿棒を水にぬらします
 
肛門の周りにローション(無ければサラダ油など飲んでも大丈夫なもので代用)をぬります

綿棒を挿入します(あまり奥には入れない、頭が入りきるくらい)
 
ゆっくりと綿棒をまわしチクッとするところに当てておきます(チクッとしなくても異物感があれば充分)
 
5~10分放置、この間体に触れてはいけません。お知りに集中しつつエロ小説等で高めましょう
 
お尻全体がむずむずしてくるはずですが、力を抜いて我慢
 
腰など振って物理的刺激を与えないように
 
腰とお知りの境目にズーンと重たい快感が連続的にくるようになったらいよいよ次へ
 
頭の中がポーっとしてくるはずです
 
乳首等をやさしく触ります
 
太ももの付け根から腰の間にピリピリと電気が走るような感じがするはずです
 
さらにすすめば体がピリピリします、体に電気が走ったような感覚は回数を重ねると強くなる
 
肛門と下腹部が勝手に反応するようになります
 
腰をゆっくりのけぞらせるように振ると快感が増します

方法その2

エロ画像・小説等で気分を高めます(物理的刺激は無しで)←大事

綿棒にサラダ油を付けます
  
綿棒を挿入します(あまり奥には入れない、頭が入りきるくらい)
 
ゆっくりと綿棒をまわしチクッとするところに当てておきます

あとはエロいことを考える・・・ではなくて(重要→)とにかく尻に意識を集中し、同時に乳首をやさしく刺激(指で直接なでるのがいい)
 
この時呼吸が止まらないように注意する(リラックス)
 
お尻のあたりに脈を感じるようになったらしめたもの、この辺からエロい想像スタート

エロいことを考えつつ引き続き集中力を切らさず集中すると 体が不思議な感覚に包まれ心臓が異常な振動を始める
 
もうこの辺に来ると快感の絶頂に、あとはもうひたすら喘ぐだけです(〃▽〃)

方法その3 一番お勧め!

入浴後等心身共に相当リラックスした状態で行う
 
綿棒を3本ひとまとめにし、ローションを付けてアナルへ1cm程入れる
 
仰向けになる 視覚的刺激等不要 ボーっとする

どこかに意識を向けなくてよい アナルへの物理的感覚によって快感等は発生するのではない

快感を得たいと焦ってはいけない
 
体の部分部分にふわふわした感覚が発生するので身を任せるだけ
 
回数を重ねるごとふわふわした感覚(性的エネルギー()は快感に変わる
 
ふわふわ感が発生しないときは、リラックス用の催眠音声・眠い状態で行う等工夫する
 
この性的エネルギー仙骨付近から発生しているとの事
 
勘違いする方もいるがこれは綿棒でアナル入口付近の神経を微妙に刺激するものなので 綿棒を奥まで入れるわけではなく、本当に僅か(1cm)しか入れない

補足説明

微妙にアナル付近の神経を刺激できれば代用品でも良いです

綿棒の利点は、医療用品なので清潔(滅菌○)・使い捨て可能・大きさを調節出来る、です

このような便利さがあって一般的に綿棒を使用するのかと思います

 
最初にエネルギーを捕まえるためには、入浴後等心身共にリラックスした状態で行うとよいでしょう

他のリラックスの方法として催眠オナニー用のリラックスの為の音声も効果的です

綿棒オナニーの実践

例えば性感帯が開発されておらず感じにくい人、エネマグラを使用しても何も感じない人などにもオススメです。

初めは「痺れ」、「冷たい」、「不思議な感覚」が発生します。

この不思議な感覚は意識すると移動できます。

更に続けると今まで感じたことの無い感覚が発生するかもしれません、これは体が感覚に慣れていないことによる反応です。
 
「痺れ」を「前立腺」や「腰の下」辺りに移動させそこに止めていると 「痺れ」からなんとなく「快感」のようなものに変わった
 
慣れてくると、実際に綿棒を入れていなくても 意識を集中するだけで感覚を得ることができます。
 
この感覚はやがて、緩やかなフワフワしたものに変化する。

フワフワしたような不思議な感覚を得るだけでも性欲は解消されます。

その時々で、発生する感覚は違います。

局部がどんどん膨らんで体全体と一体化し、頭が真っ白になる

腰の下の辺りが硬く重たくなる 腰だけが沈んでいる感覚となる

ずっと下の方に落ち続けたり、今自分がどういう格好をしているのか分らなくなる、などなど

 
体が感覚に慣れてくると、強すぎる感覚が生じることはなくなり、回数を重ね感覚が進化すると再び強い不思議な感覚が生じるようになります。

性的エネルギーを感じたら

さらに先の段階に進むには、腹式呼吸を深くし前立腺あたりを少し気にしつつ体全身に意識を集中します

すると呼吸のたびに「性的エネルギー」が足のほうから頭へ広がり、頭がボーっとした感じがさらに持続するようになります

しばらくその状態でいると全身の「性的エネルギー」が前立腺の辺りに収縮し、以前よりもさらに強い「重さ」のようなものを感じます

 
ある程度「性的エネルギー」が発生可能となれば他の方法による快感にも繋げられます

瞑想、エネマグラ、ペリダイス、催眠オナニー、エナジー呼吸、など

綿棒オナニーのみだと、いずれある程度強い快感は得られると思いますが、他の道具などを利用した方が効果的です

綿棒オナニーと他の方法を比較

性的エネルギーの発生について一番効果的なものは、アナル付近の自律的な運動が必要で、専用の器具であるエネマグラが最も有効です
 
綿棒オナニーもアナルの中の神経を微妙な力で刺激して性的エネルギーの発生をさせるものですが、エネマグラは前立腺や会陰を直接刺激するのに対して綿棒は神経を刺激している、という違いがあります

  
エネマグラを使用するようになった後に再度綿棒を使用すると、また違った快感が発生します。
 
オーガズムに到達するために未だ確定的な方法はなく、様々な方法を試し、性的エネルギーや快感を得ることが近道だと思います